グアム

<2019版ESTA>グアム旅行にエスタ申請しないで渡航!待ち時間は?

ハワイ・アラスカを含むアメリカ合衆国へ入国する際に申請が義務付けられているESTA(エスタ)。

グアムへ入国の場合は特例で不要と認められています。ハワイや本土のように『必ず申請しなければ入国できない』のであれば悩む余地もありませんが、グアムの場合『原則不要』となっているため申請を悩む方も少なくないと思います。

我が家も2018年の旅行に引き続き、今年のグアム旅行のための申請を悩んでおります。

 

2018年のグアム旅行の場合のESTA/エスタ申請

2018年8月にもグアム旅行に行った我が家。このときもずいぶん申請するか否かを悩みました。

▶︎2018年8月グアム旅行記一覧はこちら

初めてのグアム旅行なのでエスタ申請かなり迷いました

パスポート

2018年8月にグアムへ行った際もESTAの申請は散々悩みました。

前回もブログの記事にしましたが、1人1,500円程度で申請できると言っても4人家族分申請するとなると6,000円ほどかかってきます。6,000円となると夕食1回食べられてしまうくらいの金額。

必ず必要な金額ならば悩む余地もありませんが、“不要”とされているものをわざわざ申請するためにかかってくる金額ということで随分悩みました。

 

グアム旅行のESTA申請に関してのメリットデメリット

そもそも、ESTAがあればどう良いの?
そして金額以外の悩みどころは?

と思い、前回の旅行の際にまとめてみました。

  • ビザ免除に関する情報用紙(I-736およびI-94)の記入が免除
  • イミグレでESTA専用レーンでスイスイ通過が可能
  • 1度取得すれば2年間有効なので何度もグアムに行く場合はコスパ良し
  • 1人1500円ほど費用がかかる
  • イミグレをスムーズに通過しても受託荷物受け取りで一般客と一緒になる可能性がある
  • ESTA専用レーンが封鎖されている場合がある
そこで、2018年は初めての家族でのGUAM旅行ということもあり、申請せずに行ってみることにしました!

 

2018年の場合、結果的にESTA申請しないで正解でした◎

迷った末にESTA無しで渡航することを選択した2018年のグアム旅行。

  • ディズニーランドのような行列
  • 3便くらい同時に到着していてすごい人
  • イミグレで2-3時間待った

などなど、渡航前にいろいろなサイトでたくさんの口コミを見ていたためドキドキしながらイミグレに向かうとガラガラで拍子抜け。

おそらく私たちの乗ってきた福岡発UA166便の乗客しかいませんでした。

結果、8分という短時間でイミグレを通過したのでした。

一応イミグレ到着から通過までの時間を測ってみましたが…本当にあっという間でした!

 

詳細は、2018年のESTAの記事に書いています
ESTAエスタ2018
<2018版ESTA>グアム旅行でエスタ申請しない場合の待ち時間グアム旅行では原則必要がないエスタ。申請するメリットやデメリット、申請せずに入国した場合のイミグレでの待ち時間などをまとめました。...

(下に続く)

 

2019年のグアム旅行のエスタ申請はどうする?

さて、2019年春にもグアム旅行が決まったため再びエスタ申請問題が浮上してきました。

グアム到着便の時間をまとめてみました

様々な媒体で口コミを見ていて気付いたこと。

それは、すごく待ったと書いている人は「他の到着便と重なった」という人が多いこと。

しかし、前回グアムへ到着したときは私たちの乗ってきたUA166便の乗客しかいないようでした。なので、グアム空港到着便を調べてまとめてみました。

到着時刻FROM航空会社
15:00成田チェジュ航空
15:10関西ティーウェイ航空
15:10大邱(韓国)ティーウェイ航空
15:20成田JAL日本航空/ハワイアン航空
15:25仁川(韓国)チェジュ航空
15:40成田ANA全日空/ユナイテッド航空
15:45関西ANA全日空/ユナイテッド航空
15:55名古屋ANA全日空/ユナイテッド航空
16:40福岡ANA全日空/ユナイテッド航空
17:52ホノルルANAユナイテッド航空
※航空会社が2つある場合はコードシェア便となります
https://flyteam.jp/調べ

 

“ゴールデンタイム”と呼ばれる夕方の到着便のまとめです。
※2019年1月時点での到着便なので変更する可能性はあります

こうして見ると、特に15時台は10分おきくらいに到着便がありますね!

これは確かに15時台の到着便だったらすごい人数になりそう!

それと同時に、我が家が利用する福岡からの便は前後1時間程別の到着便がないことがわかります。

だから2018年に行った時も、私たちの乗ってきた便の乗客しかいなかったのかな?!

もちろん、フライト状況は当日の天候や遅れにもよって大きく違ってくる場合も考えられるので確実な情報とはいえませんが、福岡発の便でESTAの申請を悩む方には参考になる情報ではないでしょうか。

ただ、以前このブログの読者さまから

読者のM様
読者のM様
同じ福岡発のUA166便を利用して、3月旅行時に1時間半・GWに2時間半待ったことがあります

というメッセージをいただきました。その節はわざわざありがとうございました!

なので、必ず混まないというわけではないようです!

確かに、15時台の方々がそれぞれ1時間以上待っていたら次の福岡便も必然的に待つことになってしまいますもんね。

また、これを見て私はもし成田・関西・名古屋発の便で出発だったら多分迷わずESTAを申請しただろう、と思いました。

全て定刻通りに到着したとしても、前の便の乗客がはける前に次の便が到着しそうですもんね!

 

実は申請の有無を考える時間は出発3日前まであります

ESTAっていつまでに申請すればいいの?

この答えは、在日米国大使館のESTAに関するページに記載されています。

渡米予定日の72時間以上前に行ってください
引用:在日米国大使館・領事館HP

渡米予定日の72時間以上前、つまり3日前までです。

とは言え、あまりぎりぎりでも不安なので遅くとも渡米予定日の1週間前までには申請を済ませたいですね。

 

ESTA/エスタの申請はこちらから

■Department of Homeland Securityの公式ウェブサイト

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

日本語なので安心して申請ができます。

パスポートと申請費用(14ドル)を支払うためのクレジットカードをお手元にご用意の上申請をされるとスムーズです。

 

まとめ:【帰国後追記】グアムにエスタ申請しないで入国した場合の待ち時間は20分でした!

実は、まだどうするか決めていませーーん!(笑)

今回は親や妹家族など大人数で行くので私だけじゃ決められませんしね…!

そもそも、大人数で行く場合は全員が申請していないと意味がありません!

16時台の到着便は福岡発のUA166便のみということもわかりましたが、あくまでこれは予定。

前の名古屋からの便が30分遅れたら、自分たちの便が1時間遅れたら、など空いているという保証はありません!上でも書きましたが、現に福岡発の便ですごく混んでいたという方もいらっしゃいます。

ただ、他の便に比べると空いている可能性は高そうだということはわかったので、もう少し悩みたいと思います。

帰国後追記

結局ESTA申請無しで渡航した2019年のグアム旅行ですが、結果は20分待ちでした◎

2018年の旅行時の8分だったときよりは混んでいて時間がかかりましたが、待てない長さではなかったのでお金もかからずESTA申請無しで正解だったなという感じでした。

イミグレ20分待ちの詳細を綴った旅行記はこちら
グアム旅行記 アイキャッチ
2019年3月にグアム旅行に行きました。子連れGuam旅行記ブログ【1日目】2019年3月のグアム旅行記ブログ【1日目】です。 今回は3世代旅行です!2019年グアム旅行概要旅行日数は6泊7日、宿泊ホテルはレオパレスリゾート/グアムプラザホテル、航空会社はユナイテッド航空UA166です。...

にほんブログ村のランキングに参加中!
ブログ更新の励みになるので
「ブログ読んだよ」の代わりにクリックして頂けると喜びます♡

\1日1回でOK♡/

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

LINEで更新情報をお送りしています!
更新しました♪をLINEで受け取りたい方はぜひご登録をお願いいたします。

こちらの記事についてお気づきの点やご質問等がございましたら、お問い合わせフォームよりご意見をお送りいただけると幸いです。
(お名前はニックネームで大丈夫です)

お問い合わせフォーム