グアム

グアムのタロフォフォの滝公園は歴史的な見どころ満載!行き方や営業時間も紹介

タロフォフォの滝 アイキャッチ

タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Resortpark)は、タロフォフォ川にかかる大きな滝を見ることのできる、グアム南部の観光スポットです。

太平洋戦争の残留日本兵である横井庄一さんが発見された土地でもあることから、横井さんの潜伏中の住居であった横井ケーブのレプリカがあることでも知られています。

そんなタロフォフォの滝公園のみどころを写真満載でお届けいたします!

 

タロフォフォの滝公園のみどころ

タロフォフォの滝公園入口
グアム南部の観光スポットであるタロフォフォの滝公園についてご紹介いたします。

入口付近

タロフォフォの滝 お水売り場
園内に入る入口にはお水が売っています。園内に入るとケーブルカーで下った場所にしか売店がないので、飲み物をお持ちでない場合はここで購入することをおススメいたします。

園内日影がない場所も多く、熱中症対策にも飲み物は絶対に持って行きましょう!

 

タロフォフォの滝公園動物
入口付近には放し飼いのいろいろな種類の動物たちがお出迎え。

 

タロフォフォの滝公園動物の餌
入場ゲートのところに動物たちの餌が販売しているので、動物たちに餌をあげたい方はこちらで購入されると良いと思います。

 

ケーブルカー(ロープウェイ)

タロフォフォの滝
タロフォフォの滝を間近で見るためには、ケーブルカーで200mほど下に降りる必要があります。

 

タロフォフォの滝公園のケーブルカー
入り口付近に乗り場があります。日本語で書いてあるのですぐにわかります。

 

タロフォフォの滝 ケーブルカーからの景色
ケーブルカーからの景色!結構高い!
高所恐怖症なので怖いです。

滝の真上を通って下っていきます。

 

タロフォフォの滝 ケーブルカーのうちわ
ケーブルカーの中はかなり暑いですが、タロフォフォの滝オリジナルのうちわが配備されています。

 

タロフォフォの滝

タロフォフォの滝 第一の滝
グアムの中央部からジャングルを流れるタロフォフォ川にかかる大きな滝。その滝の高さはは約10mでグアム最大の滝となっています。

この滝を見るためには、タロフォフォの滝公園内のロープウェイ(ケーブルカー)で200mほど下る必要があります。(料金等は下で紹介しています)

第一の滝、第二の滝と呼ばれるふたつの大きな滝を見ることができます。

第一の滝/Falls#1
タロフォフォの滝第一の滝
第二の滝/Falls#2
タロフォフォの滝 第二の滝/Falls#2

尚、このブログでは第一の滝・第二の滝の順でご紹介いたしましたが、実際に順路に沿って見学するのは「第二の滝⇒第一の滝」になります。

この記事の下で滝の動画を載せています!

 

吊り橋

第一の滝にかかる吊り橋/#1Suspension Bridge

第一の滝 吊り橋
約40mある吊り橋です。

第二の滝にかかる吊り橋/#2Suspension Bridge

第二の滝 吊り橋
こちら約60mある吊り橋です。

 

横井ケーブ(Yokoi’s Cave)

タロフォフォの滝 横井さん
1972年1月24日に、ここタロフォフォ村付近のジャングルで、太平洋戦争の残留日本兵である横井庄一さんが現地の人によって発見されます。そのため、この地には横井さんが28年間潜伏生活をされていた地下壕のレプリカがあります。本物の地下壕はさらに山奥のジャングルにあるのですが、一般人は立ち入ることが出来ないためここタロフォフォの滝公園にレプリカが造られました。

 

横井ケーブ看板
園内には順路に看板があるので、迷わず横井ケーブを目指すことができます。

 

タロフォフォの滝公園 ジャングル
整備された公園なので歩道こそありますが、結構ジャングルの中を進む感じです。

虫が結構居たので子どもたちは(私も)ワーワー言っていました

 

横井ケーブ@タロフォフォの滝公園
横井ケーブ@タロフォフォの滝公園
ジャングルの中を歩くこと数分、“横井ケーブ/YOKOI CAVE”に到着しましたが、一見どこにあるのかわかりません。

これが横井ケーブです!

横井ケーブ@タロフォフォの滝公園
このように地中に穴が掘ってあり、木のハシゴがかけてあります。土が崩れないよう、周囲には竹が入れてありました。そして、敵に見つからない工夫として竹で作った蓋が被せられていたそうで、その蓋も忠実に再現してありました。蓋の上には枯れ葉などを被せて敵に見つからないように工夫されていたそうです。(蓋は写真右上)

 

タロフォフォの滝 横井さん
中の見取り図ではこのようになっています。レプリカで見えていた部分は左側のハシゴの部分までで、中はこのように広がっていたそうです。中には、かまどに井戸に水洗トイレまで造られていたというので驚きです。

終戦を知らずに、こんなさみしい場所で28年間も過ごされた横井庄一さん。

戦争について改めていろいろ考えさせられる場所でした。娘たちも小学生になったので、説明をして聞かせました。

 

売店・お手洗い・グアム歴史博物館

売店“TAROFOFO YOKOI STORE”

タロフォフォ売店
店内とても冷房が効いていてオアシスかと思いました…!

お水やお菓子を始めとして、衣類やアクセサリーやお土産など幅広いジャンルの商品の取り扱いがありました。

 

お手洗い

タロフォフォの滝公園トイレ
一応売店の側にお手洗いはあります。がしかし、正直かなり古いお手洗いなので出来ればお手洗いは済ませて訪問するのがベターです。

 

グアム歴史博物館

グアム歴史博物館
中を覗いて見たかったのですが、退屈した娘たちが嫌がったので中には入っていません。

 

展望台

タロフォフォの滝公園の展望台
入口から入って右に進み、ケーブルカーに乗らずに少し歩いた先に展望台があります。

崩れそうな崖の上…!!!

 

タロフォフォの滝公園の展望台
勇気を出して登ってみました。

高さももちろんだけど、それ以上に展望台の古さが怖いのは私だけじゃないはず

 

タロフォフォの滝公園の展望台からの景色
いろいろブツブツ言いながら登りましたが、景色は圧巻!!!

雲一つないくらいの青天のこの日は、グアムの広大な自然を見ることができて良かったです。ビーチリゾートのイメージが強いグアムですが、実はこんなに広大な自然が広がっているのです。

ここからの景色の動画も、この記事の下の方に載せています。

 

射撃場

タロフォフォの滝公園射撃場
タロフォフォの滝公園には野外射撃場もあります。私たちは行っていませんが、何人かここを目的で訪れている人を見かけました。

この看板によりますと、タロフォフォの滝公園の入口で『SHOOTHING』と伝えると、2-3分でお迎えに来てくれるそうです。

 

ミニ遊園地

タロフォフォの滝公園 遊園地
タロフォフォの滝公園 遊園地
ずいぶんとレトロなミニ遊園地もあります。

乗りたいものがあって近くにスタッフがいなければ、チケット売り場のスタッフに声をかけて動かしてもらうシステムのようです。

こちらで遊ぶ料金は入場料に含まれているので、何に乗っても無料だそうです。

 

タロフォフォの滝公園 パンフレットとチケット
園内でもらうパンフレットには、この乗り物たちは“Option別料金”と記載がありましたが、当日購入したチケットには“NO Change無料”の記載が。

チケット売り場で尋ねてみると、無料で間違いないそうです。(2019年3月現在)

(下に続く)

 

タロフォフォの滝公園のアクセス/料金/営業時間

タロフォフォの滝公園の営業時間など詳細についてご紹介いたします。

地図

公共の交通機関で行くのは難しいと思うので、レンタカーで行くのが一般的です。

他には、タロフォフォの滝が目的地に入ったグアム島観光ツアーに参加するのも一つの方法です。

タロフォフォの滝公園が含まれた観光ツアー

▶南部ひとめぐり~グアムパノラマ街道を行く~

ホテル発⇒太平洋戦争記念博物館⇒ガンポイント⇒スペイン古橋⇒セッティ湾展望台⇒ソレダット砦⇒ベアーズロック(車窓見学)⇒イナラハン天然プール⇒タロフォフォ滝公園⇒オンワード・タロフォフォ・ゴルフクラブ(昼食休憩約60分)⇒(グアム国際空港・マイクロネシアン・モール)⇒ホテル到着(14:30~)
提供会社 ホリデイツアーズミクロネシア(グアム)

こちらのツアーなら、レンタカーを借りなくともタロフォフォの滝公園を含む南部の観光スポットが回れます。

 

さらに私はこのツアーが気になっています!
▶グアム タロフォフォ川リバークルーズ <送迎付き/英語ガイド(日本語可)>
タロフォフォの滝公園に入場するツアーではありませんが、タロフォフォの滝のあるタロフォフォ川のジャングルの中を突き進むアドベンチャー満載のリバークルーズということで面白そうです。

 

園内マップと順路(回り方)

タロフォフォの滝公園 園内マップ
  1. 入口/チケット売り場
  2. Child Train
  3. 回転ブランコ
  4. バンパーカー
  5. コーヒーカップ
  6. お化け屋敷
  7. ケーブルカー往復乗降所
  8. Love land
  9. 第一の滝/Falls#1
  10. NO1吊り橋(40m)
  11. ケーブルカー往復乗降所
  12. 第二の滝/Falls#2
  13. NO2吊り橋(60m)
  14. 売店、休憩所
  15. グアム歴史館
  16. モノレールカー
  17. 横井ケーブ(横井洞穴)
  18. 展望台
  19. 野外射撃場
  20. トイレ
  21. バーベキューフィールド

 

園内の効率の良い回りかた

  • ①入口/チケット売り場
    入場
    チケットを購入して入場
  • ⑦ケーブルカー往復乗降所
    ケーブルカーに乗る
    下に一気に下る。
  • ⑫⑬第二の滝/吊り橋
    第二の滝の見学
    第二の滝の吊り橋を渡りながら見学。
  • ⑭売店
    売店で休憩
    冷房の効いている店内で少し休憩。お水を購入など。
  • ⑰横井ケーブ
    横井ケーブを見学
    少しジャングルを進んで横井ケーブを見学します。
  • ⑨⑩第一の滝/吊り橋
    第一の滝の見学
    帰り道に第一の滝を見学。
  • ⑪ケーブルカー往復乗降所
    帰りのケーブルカーに乗る
    帰りのケーブルカーに乗って上の公園に戻ります。
  • ②~⑤
    ミニ遊園地で遊ぶ
    帰り際にミニ遊園地でひとあそび。
園内の順路はこのようになっているので、それに沿ってこう回るのが一番スムーズだと思います。

ちなみに、一応順路に入れましたが我が家はミニ遊園地では遊んでいません。あまりに暑くて日差しが強かったのでとてもとてもこれ以上炎天下の屋外にいられませんでした。

少しコースから外れるので、最初か最後に展望台で景色を眺めるのもおススメです。我が家はケーブルカーに乗る前に展望台へ行きました。射撃場は展望台の近くです。(射撃場も我が家は行っていません)

 

タロフォフォの滝公園入場料金

タロフォフォの滝公園チケット
おとな18ドル
こども
(4歳~11歳)
6ドル
(3歳以下無料)
各種クレジットカード使用可能

以前は大人1人20ドルだったようで、チケット売り場には20ドルの部分を消された跡がありました。2019年3月訪問時は18ドルでした。

入場料に含まれるもの
  • ケーブルカー往復乗車代
  • グアム歴史博物館入場
  • お化け屋敷
  • Love land
  • ミニ遊園地のアトラクション

上で書いたように、パンフレットにはミニ遊園地のアトラクションは別途料金と記載されていますがそれは以前の情報のようで、今は入場料に含まれています。

 

タロフォフォの滝公園の営業時間や詳細

営業時間9:00~17:00
定休日なし
各種クレジット
駐車場たくさん有
日本語

 

タロフォフォの滝公園の動画

私が撮影したタロフォフォの滝の動画です。第一の滝、第二の滝、展望台からの景色を1分程度にまとめています。

 

まとめ:タロフォフォの滝公園は歴史的な見どころ満載です。

タロフォフォの滝公園
タロフォフォの滝公園いかがでしたでしょうか?

少し…いやかなり寂れた感じが否めない施設ですが、広大な自然や歴史に触れることが出来るので南部を訪れることがあれば立ち寄ってみられるのもいいかもしれません。

ただ正直小さい子連れには不向きな観光スポットです

園内歩く距離が長い所や足場が悪い場所も多いです。そして、遊ぶところというより自然や歴史を学ぶ、言わば修学旅行で訪れるような場所です。小学生未満のお子様には楽しくないかもしれません。

グアムや戦争の歴史を肌で感じたい方や、滝や手つかずの自然がお好きな方にはおススメのスポットです。そういった方はぜひ一度立ち寄られてみてくださいね。

 

タロフォフォの滝公園を訪れた旅行記はこちら
グアム旅行記3日目 アイキャッチ
【グアム旅行記】2019年3月子連れグアム旅行ブログ【3日目】2019年グアム旅行記3日目のブログ。朝からレンタカーでグアム島南部のメリッソ桟橋⇒イナラハン天然プール⇒タロフォフォの滝などドライブでまわります。夕方からはプレミアアウトレットへ出掛けショッピング。チャッキーチーズで遊びながら夕食です。...

にほんブログ村のランキングに参加中!
ブログ更新の励みになるので
「ブログ読んだよ」の代わりにクリックして頂けると喜びます♡

\1日1回でOK♡/

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

LINEで更新情報をお送りしています!
更新しました♪をLINEで受け取りたい方はぜひご登録をお願いいたします。

こちらの記事についてお気づきの点やご質問等がございましたら、お問い合わせフォームよりご意見をお送りいただけると幸いです。
(お名前はニックネームで大丈夫です)

お問い合わせフォーム