グアム

<2018版ESTA>グアム旅行でエスタ申請しない場合の待ち時間

ESTAエスタ2018

アメリカ合衆国に入国の際に必要なESTA(エスタ)。

旅行好きな方なら一度は耳にしたことがある用語ではないかと思います。

ESTAとは(電子渡航認証システムについて)
通常、米国への渡航時にはビザ取得が必要となりますが、VWP参加国の国籍を持つ渡航者が渡米する際、短期商用・観光目的で滞在日数が90日以下など幾つかの要件を満たした場合に、ビザ取得手続きを免除し、比較的簡便な電子認証にて渡航可能となる制度です。
引用:https://esta-center.com/service/index.html

ハワイやアラスカへ入国の際も申請を義務付けられているESTAですが、特例でグアム入国の際は原則不要とされています。

GUAM免除
グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)があるため、45日以下の商用または観光で渡航する場合にはビザは必要ございません。
これはESTA(エスタ)のようなインターネットでの事前申請ではなく、機内で配布される書類(I-736およびI-94)へ記入し提出します。
引用:https://esta-center.com/guam/index.html

上記のように、原則不要とされるグアム旅行でのESTAですが、申請して入国することもできます。もちろん、申請して入国するとメリットもあります。

グアム旅行において、ESTAは必要か否か?メリットデメリットや、実際の体験に基づいた私の意見をまとめたいと思います。

 

エスタを申請して入国するメリット・デメリット

  • ビザ免除に関する情報用紙(I-736およびI-94)の記入が免除
  • イミグレでESTA専用レーンでスイスイ通過が可能
  • 1人1500円ほど費用がかかる
  • イミグレをスムーズに通過しても受託荷物受け取りで一般客と一緒になる可能性がある

とても、悩むところでした。

1人1500円払ってイミグレで並ばなくて済むなら安いものじゃない?
子連れだし…

とも思いましたが、4人家族の我が家では約6,000円…。

6,000円あれば夕食1食たべれてしまいますからね、悩みます。

ただ調べていくと、イミグレ(入国審査)の待ち時間においては何時着の便でも運次第(到着便が重なるなど)のようで、今回は初めてのグアムということもあり、様子見も兼ねて申請せずに行くことにしました!

というわけで、ESTAを申請せずにグアムに行った我が家の入国に関してお伝えします!

(下に続く)

 

エスタを申請しないでグアムに入国する場合の書類

グアム旅行において、エスタを申請せずに入国する場合に書く必要がある書類をご紹介します。2枚です。

ビザ免除に関する情報用紙の記入が必要

入国審査用紙表 入国審査用紙裏

機内で用紙が配られます。日本語バージョンと英語バージョンの裏表になります。

この用紙は1人1枚記入しなければなりません。

ESTAを取得しているとこの用紙の記入は免除になります。

英語ばかりだったら、英語のわかる主人に書いてもらおうと構えていましたが、日本語の用紙で拍子抜けでした。記入の内容は、ほぼパスポートを書き写すだけでしたので、何も難しいことはありませんでした。

この用紙は、全てローマ字で記入する必要があります。日本語で記載したものは無効になるそうですのでご注意ください。

※最後の署名のみ日本語(漢字)でOK
※こどもの分は母(父)代筆で大丈夫です。

 

税関申告書はESTA取得でも必要です

税関申告書

ひと家族に1枚必要な税関申告書はESTA申請の有無に関わらず必要です。

こちらの用紙も日本語の用紙なので何も難しいことはありません。

(下に続く)

 

エスタ申請しないで入国してみた!待ち時間は!?

幼稚園児の娘のトイレを考えて、飛行機の座席はトイレに近いかなり後方をとっていたので、飛行機を降りるのは最後の方になりました。この時点で出遅れです(笑)イミグレ(入国審査)はどのくらい混んでいるのかドキドキしながら向かいます。

到着すると、ディズニーランドのような長蛇の列用のテープが張られていましたが、人はかなり少なく、私たちの乗ってきた小さな飛行機の乗客しかいないようでした!

長蛇の列用に張り巡らされたテープが悲しいくらい人は少なかったです。

そして、イミグレ到着から通過までを時計で計ってみた結果、、、

なんと8分でイミグレを通過しました!

夏休みだし、夕方到着便だし、かなりの待ち時間を覚悟していたので想像以上に早かったです!

6,000円かけてESTA申請しなくてよかった!浮いたお金で何か食べよ♪

結果、我が家は取得しなくて全然よかったということになりましたが、ネットで検索したら「深夜到着で1~2時間待った」とかいう体験談もあったので、これは本当に運次第かもしれません!

ちなみに、ESTA申請して行ったのにESTA専用レーンが閉鎖されていたという体験談もあったのでまさに運次第ですね。

ただ、1度ESTAを取得すれば2年間は有効になるので、何度もグアムに行かれる方や、2年以内にハワイ含むアメリカに入国予定のある方は、グアム旅行前に取得していると良いかもしれません。

グアム旅行においてESTA取得を悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

2019年も再び申請悩み中!

<2019版ESTA>グアム旅行にエスタ申請しないで渡航!待ち時間は?ハワイ・アラスカを含むアメリカ合衆国へ入国する際に申請が義務付けられているESTA(エスタ)。 グアムへ入国の場合は特例で不要と認...

この記事ではグアム空港のゴールデンタイム(夕方)到着便もまとめています。

参考になるかもしれないので、
よかったら合わせてご覧くださいませ

にほんブログ村のランキングに参加中!
ブログ更新の励みになるので
「ブログ読んだよ」の代わりにクリックして頂けると喜びます♡

\1日1回でOK♡/

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

LINEで更新情報をお送りしています!
更新しました♪をLINEで受け取りたい方はぜひご登録をお願いいたします。

こちらの記事についてお気づきの点やご質問等がございましたら、お問い合わせフォームよりご意見をお送りいただけると幸いです。
(お名前はニックネームで大丈夫です)

お問い合わせフォーム